医療安全支援センターでは、国民の皆様の医療に関する心配や相談をおうかがいしています。

  1. トップページ
  2. 実践研修

医療安全支援センターでは国民の皆様の心配や相談をおうかがいしています。

医療安全支援センター 実践研修

平成28年(2016)年度医療安全支援センター実践研修を下記の通り開催いたします。
実践研修は、医療安全支援センターに寄せられる相談に関係する他の機関の活動を知り、医療安全支援センターの役割と今後の連携を考えることを目的としています。本研修は、医療安全支援センター職員だけでなく、医療機関の安全管理部門や相談対応部門のスタッフの方も参加可能です。東京・京都の2会場にて開催予定で、申込み方法等の詳細は以下の通りです。定員に達し次第、申し込みを締め切りますので、どうぞお早目にお申し込みください。

■日時と会場

【東京会場】
平成28(2016)10月11日(火)
東京大学医学部鉄門記念講堂(東京都文京区本郷7-3-1)

【京都会場】
平成28(2016)11月 1日(火)
キャンパスプラザ京都(京都市下京区西洞院通塩小路下る東塩小路町939)

■カリキュラム
時間 内容 講師
10:00〜10:10 開講挨拶
10:10〜10:50 医療安全施策の動向 厚生労働省医政局総務課医療安全推進室 
調整中
10:50〜11:30 健康被害救済制度と実際 (独)医薬品医療機器総合機構健康被害救済部
【東京】調整中
【京都】調整中
11:30〜12:20 医療事故調査制度について 公益財団法人日本医療機能評価機構 執行理事
九州大学病院 医療安全管理部 教授・部長
後 信 氏
12:20〜13:20 休憩
13:20〜14:10 医療ADR 弁護士 【東京】西内 岳氏
弁護士 【京都】吉田 薫氏
14:10〜15:10 医療の課題
〜政策の転換と今後の医療について〜
政策研究大学院大学 教授
島崎 謙治氏
15:10〜15:20 休憩
15:20〜16:20 患者の課題〜医療の選択と決定〜 NPO法人ささえあい医療人権センターCOML 理事長
山口 育子氏
16:20〜16:50 総括 東京大学医療安全管理学講座
児玉 安司
16:50〜17:00 閉会,アンケート記入

■対象

医療安全支援センター職員、医療機関の安全管理部門や相談対応部門の職員

■定員

東京会場:200名/京都会場:150名

■申込締切 

東京会場:10月3日(月)/京都会場:10月24日(月)

■申込方法など 

下記ボタンから申込みフォームにアクセスし、締切日までにお申し込みください。
・参加費は無料です。
・申込み状況により、参加人数調整をお願いする場合がございます。
・研修日の3日前までに参加確認書が届かない場合は、運営事務局までお問合せください。

お申し込みはこちら

※医療安全支援センター(相談窓口)職員、医療機関の安全管理部門や相談対応部門の職員を対象としておりますので、その他の方はご参加になれません。

 

↑このページのトップへ