医療安全支援センターでは、国民の皆様の医療に関する心配や相談をおうかがいしています。

医療安全支援センターでは国民の皆様の心配や相談をおうかがいしています。

医療安全支援センター 実践研修

2010年度の実践研修を次の通り開催いたします。

実践研修の目的は、医療機関における医療安全・紛争対応の活動や、医療安全支援センターに寄せられる相談に関連した他の機関の活動を知り、医療安全支援センターの役割と今後の連携を考えることです。
この研修は、医療安全支援センターの職員をはじめ、医療機関の医療安全・患者相談部門スタッフの方も参加いただけるプログラムになっております。
東日本ブロック250名、西日本ブロック170名を定員とし、参加者を募集しております。(申込状況により、参加人数調整をお願いする可能性がございます)。

【定員になりましたので、お申込を締め切らせていただきました(2010.10.15)】

■お申込方法について

受講申込はオンラインで行います。
下部の「お申し込みはこちら」ボタンから、手続きを行ってください(『医療安全支援センター実践研修事務局』 株式会社ケイコンベンションのフォームに移動します)。
登録内容確認後、参加確認書を事務局よりE-mailまたはFaxにてお送り致します。

■お申し込みの締め切り

・東日本ブロック締め切り 9月22日(水)
・西日本ブロック締め切り 10月21日(木)


*参加費は無料です。

■日時と場所
東日本ブロック 2010年10月7日(木) 東京大学 弥生講堂一条ホール
西日本ブロック 2010年11月4日(木) 大阪大学中之島センター 佐治敬三メモリアルホール
■カリキュラム(予定)
時間 内容 講師
10:00〜10:05 開会挨拶 事務局
10:05〜10:45 医療安全対策の動向と医療安全支援センターの役割

厚生労働省医政局総務課医療安全推進室

室長 渡辺真俊 氏
10:45〜11:25 独立行政法人医薬品医療機器総合機構の役割

医薬品医療機器総合機構
健康被害救済部企画管理課

課長代理 吉武徹 氏
11:25〜12:05 消費生活センターの相談対応

(社)全国消費生活相談員協会
【東京】理事長 菅 美千世 氏

【大阪】常任理事 吉川萬里子 氏
12:05〜13:00 休憩
13:00〜14:00 医療ADR

【東京】 弁護士  西内岳 氏 

【大阪】 弁護士  小原正敏 氏
14:00〜15:00 大学病院の医療安全の取組みと患者対応

【東京】 順天堂大学 川崎志保里 氏

【大阪】 大阪大学病院 中島和江 氏
15:00〜15:15 休憩
15:15〜16:15 医師会の医療安全の取組みと患者対応

日本医師会 

常任理事 高杉敬久氏
16:15〜17:00 センターに寄せられる相談事例を共有するための取り組み・工夫 センター職員有志・医療機関職員有志

↑このページのトップへ