医療安全支援センターでは、国民の皆様の医療に関する心配や相談をおうかがいしています。

  1. トップページ
  2. 医療安全支援センター総合支援事業とは

医療安全支援センターでは国民の皆様の心配や相談をおうかがいしています。

医療安全支援センター総合支援事業とは

東京大学大学院医学系研究科医療安全管理学講座は厚生労働省の補助事業として、医療安全支援センターの円滑な事業運営のための支援を2007(平成19)年度から行っています。 医療安全支援センター体制図

2017(平成29)年度 事業内容

各地の医療安全支援センターを総合的に支援することを目的に、6つの施策を実施します。

1-1.担当者研修の実施【実施時期:2017年4〜5月】

医療安全支援センターの業務にかかわりはじめた担当者や相談員に必要な基本情報・知識・スキルを提供します。医療安全支援センターの全体像、役割と機能、相談対応の流れを把握し、担当者や相談員が自身の業務に取り組みやすくなるための研修にします。

1-2.初任者研修の実施【実施時期:2017年6〜7月】

医療安全支援センター職員のうち、苦情・相談対応の経験が概ね1年以下の初任者を対象に、相談対応に必要な心構えや基礎知識・技術を習得することを目的に4回開催します。

2-1.実践研修の実施【実施時期:2017年11月】

すべての医療安全支援センター職員を対象に、センターに寄せられる相談に関連した他の機関の活動、医療機関における医療安全や相談対応の活動を知ることを目的として開催します。
※医療機関の安全管理・患者相談部門の職員にも参加していただけます。

2-2.相談員スキルアップ研修【実施時期:2017年7〜10月】

医療安全支援センターにおける相談対応の経験を重ねた相談員向けの研修です。ロールプレイと事例分析を繰り返し実施します。
※今後相談業務につきたいと考えている人も参加対象にしています。

3.ジョイントミーティング(JM)の開催【開催時期:2018年1〜2月頃】

医療安全支援センター総合支援事業の実施報告や、全国の医療安全支援センターに寄せられる事例と各センターの取り組みから得られた知見を共有する予定です。

4.教訓的事例等に関する情報提供【情報提供期間2017年4月〜2017年度末】

当ホームページを、医療安全支援センターの認知度を高めたり、センターへのアクセスをしやすくしたりするためのツールとして位置づけ、コンテンツの拡充を図ります。

5.医療安全支援センター実態調査の実施【実施時期:2017年8月〜2017年度末】

各センターの設置状況および運営状況について調査を行い、その結果を情報公開します。

6.その他、医療安全支援センターを支援する事業【実施期間:2017年4月〜2017年度末】

以下、(1)から(3)の支援を行う予定です。
(1)研修企画・運営のサポート
(2)プロジェクトチーム(PT)活動・相談支援者ネットワークの構築
(3)活動促進のためのコンテンツ作りとして「医療安全支援センター相談対応ガイドブック」「相談事例集」の検討

↑このページのトップへ